浮気調査で使えるバイクへのGPSの取り付け方

浮気調査でGPSを使うことで、調査対象者の位置情報を容易につかむことにつながります。

浮気・不倫調査の方法として、「GPS」やアプリを使うものがあります。GPS(グローバル・ポジショニング・システム)とは、簡単に言うと人工衛星から発せられる電波により、地上の対象の現在位置を測る仕組みです。これを利用すればパートナーがどこにいるのかがリアルタイムで判明します。またアプリについては、”iCloud”や”Suica Reader”のような、本来は浮気・不倫調査と直接関係ないものを活用する方法と、”Cerberus”や”Prey Anti Theft”のようなセキュリティ目的のものを活用する方法があります。
参考:浮気調査・不倫調査PRESS

そのため、闇雲に尾行をするなどの手間が省けて、ピンポイントで浮気現場に張り込むことが可能です。ここでは、浮気調査で使えるバイクへのGPSの取り付け方について、解説していきます。

バイクへのGPSの取り付け箇所

バイクにGPSを取り付ける際には、なるべくなら隠れやすい箇所が望ましいでしょう。

たとえば、ステップの下やタンクの下などは、比較的目につきにくい箇所と言えます。マフラーの周りなどもGPSの取り付け箇所の候補のひとつです。

GPSは基本的に磁石または両面テープにて貼り付けます。バイクは振動が激しいため、GPSが落下しないようにかなりしっかりと装着することが大切です。そのためにも、粘着性の高いテープなどを利用しましょう。

バイクに取り付けるGPSの種類

GPSは大きく分けて、ロガータイプとリアルタイム型の2種類があります。ロガータイプはGPS機器にそのまま位置情報を記録するGPSです。

一方、リアルタイム型は、名前から想像できる通り、リアルタイムの位置情報を逐一知らせてくれるGPSです。パソコンやスマートフォンなどで位置情報を確認します。

浮気調査でバイクに取り付けるGPSはリアルタイム型です。バイクにリアルタイム型GPSを装着することで、尾行の際に見失った場合のリスク管理も兼ねています。GPSは取り付けと回収を交互に行い、途中でバッテリーが切れるのを防ぎます。