バイクで浮気調査の尾行をする機会とは?

GPSを使った浮気調査にて、バイクで尾行をする機会は厳選されていることがほとんどです。

おそらく、尾行の難易度の高さや、交通事故のリスクを踏まえた結果だと思われます。ここでは、バイクで浮気調査の尾行をする機会について解説していきます。

浮気相手との移動にバイクを選択

調査対象者が、浮気相手との移動にバイクを選択する場合、バイクでの尾行が採用されることがあります。

優先順位としては自動車での尾行>バイクによる尾行ですが、バイクでないと難しい場面もあるためです。

バイクでの尾行の前には、あらかじめ調査対象者のバイクにGPSを取り付けることで、見失うことや尾行が発覚した際のリスクヘッジをしておきます。

GPSはバイクのステップやタンクの下や、マフラーの近くに取り付けることがほとんどです。

調査対象者のタクシー利用率が高い

調査対象者が、浮気相手との逢瀬も含めてタクシーの利用率が高い場合も、バイクでの尾行が選択される機会のひとつです。

対象者の持ち物にGPSを取り付けることもありますが、自動車に取り付けた場合と比較して、対象者に見つかりやすい傾向があります。

調査対象者がタクシーに乗車した後、車の姿がギリギリ見える距離まで離れてから、バイクでの尾行を開始するのが基本です。

ただし、タクシーの運転手は周囲への注意力が高いため、運転手から尾行が発覚するケースも少なくありません。そのため、慎重に距離を取りつつ、できるだけタクシーの死角に入るように工夫する必要があります。